おかげさまで目がラク

松本市美術館|長野県松本市

ここ最近、目がラク。

去年の11月頃は「そのうち視力が無くなるんじゃないか?」と本気で怯えるほどディスプレイを見るのが辛くて。明るさが必要な時以外は、ほぼ真っ暗に近い、ギリギリ文字が読めるくらいの明るさで使っていました。それなのに今はかなりラク。頼れる相棒「JINS PC」をかけ忘れることもあるほど。

去年と今の違い。それはiPhoneに触れる時間を減らしたこと。小さい画面をなるべく見ない。iPad mini作戦は今のところ成功。これからも目にはずっと負担をかけ続けるので、日常からなるべく労りたい。このまま行けばレーシックも現実味が持てる。これまでは視力回復できても、すぐまた悪くなるイメージしか持てなくて。

写真は松本市美術館のエントランス。でかっ。たのしっ。こういうスケール感を定期的に体験しておくと、思考の幅は狭まらない(たぶん)。アイディアの幅もめいっぱい広く。

Date: 13/01/28